混乱しやすい、航空券の予約と発券の違い

航空券を購入する際、「予約」と「発券」という言葉の違いがわからず困る方も多いはず。

【予約】とは、座席を一時的にキープする事。
料金・空席確認を行い、希望にあった便をとりあえず押さえて、座席を確保する状態を指します。

【発券】とは、予約の航空券を正式に取得するために、航空券代金の支払いを行い、航空券を発行する事。
航空券を購入する状態を指します。

そして、予約から発券までの期間を【発券期限】と言います。
この「発券期限」は各航空会社や航空券の種類によって異なってきますが、一般的に金額の安い航空券の方が予約から発券までの期間は厳しい条件となっています。
(例えば「予約後3日以内の発券」など)
発券期限までに発券しなかった予約は使用しないものとみなしキャンセル扱いになりますが、この場合の取消料やキャンセル料は発生しません。

なお、キャンセル後に再度同じ日程で予約を希望しても座席が埋まっていたり、航空代金が値上がってしまっている場合があります。
航空券の発券期限は必ず確認してくださいね!

■航空券お見積はこちらから
http://b-alohastay.com/mail/air-mail/

関連記事

Facebook

ベストアロハ

PAGE TOP
Shares