JAL、2019年6月発券分から燃油サーチャージ値上げ

日本航空(JAL)は、国際線航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を、2019年6月1日から7月31日発券分について値上げすることを発表した。
現在、4月1日から5月31日発券分として適用している「Zone B」から1段階引き上がり「Zone C」へ。
日本~ハワイ線は片道4,000円から片道6,000円へとなり、往復で4,000円の値上げとなる。

燃油サーチャージは出発日に関わらず航空券を発券した日(購入日)の料金が適用されます。
夏休みや年末年始、来年の春休みなど航空券も5月末日までに購入すれば値上げ前の燃油サーチャージ料金が適用されます。
ハワイ渡航の予定がある方は、是非お早めのご予約を!

┃航空券のお見積

航空券の料金が知りたいという方もどうぞお気軽に。お見積り依頼は、こちらのフォームより

関連記事

Facebook

ベストアロハ

PAGE TOP
Shares